いっしょに子育て しましょう♪

何人目でもぜひ骨盤ケア教室ご参加くださいヽ(^o^)丿

Posted by familysdream on   0  0

トコちゃんの骨盤ケア教室を担当させていただいて3年が経ちました。



要町教室  20回

川口教室  37回

神楽坂教室 24回

清瀬教室  18回  計99回 開催させていただきましたヽ(^o^)丿



そして、830名の方に参加していただきました。

ありがとうございました m(__)m



最近職場で、前回私がお産担当でしたと、お声をかけていただくことが増えました。

前回切迫早産の入院中にトコちゃんベルトの装着方法とおひなまきの巻き方をお教えした方が、

先日2人目をご出産されました。

上のお子様がとても器用に感じるので今回のお子様もおひなまきしていますと、おっしゃっていました。

しかも今回は切迫になりませんでした 



きっと、骨盤ケア教室を受講された方の中にも、

次のお子様をご妊娠されている方もいらっしゃることと思います。



お産は、1人1人分娩の経過が違いますが、何人出産しても毎回違います。

また骨盤ケア教室にいらしていただければと思います



私の教室は、1度受講されたことのある方は、次のご妊娠でも2回目になります

いつ頃どこの教室を受講されたかを教えていただければ、

2回目以降の受講料は、教材なしで¥1000、腹巻のみ付きで¥1500です。



帝王切開予定の方でも、お腹の中での赤ちゃんの姿勢を良くします。

姿勢が良くなると、お腹の中でたくさん指しゃぶりができて、

授乳も上手にできます。脳への良い刺激になります。

ぜひともご受講いただければと思います。





スポンサーサイト



ママと赤ちゃんのゆがみを整える

Posted by familysdream on   0  0

トコ・カイロプラクティック学院のカイロセミナーを受講してきました。



トコ・カイロのセミナーの良いところは、

お互いに骨のゆがみをチェックしながら、整えられない部分は渡部先生に整えていただけるところです。



今回私は、右腰椎5番が下がって仙椎の1番との間が狭くなっていました。

腰痛がありセルフで体操すると痛みはとれていたのですが、

座学でずっと座っているのはつらい身体でした。

整えていただいたら、座学に耐えられるようになりました。



セミナー受講者は、普段セルフケアして筋肉を動かしていることもありますが、

渡部先生は1人5分もかからずに診断して施術してしまいます。



皆様も渡部先生に施術していただけます。

ただし、セミナー修了者(2級以上)の骨盤ケア教室を受講した後、

そのセミナー修了者からの紹介状が必要です。



妊娠中から骨盤ケア教室を受講し、セルフケアを行い、

それでも身体の痛みが改善しない場合で、紹介状ご希望の方は、ご連絡ください

産後でもかまいません。



赤ちゃんのゆがみが気になり施術希望されても、

ママが骨盤ケア教室とまるまる育児教室を受講してセルフケアができていないと、お断りされてしまいます



ママの身体が整っていないと、生まれた赤ちゃんにもゆがみがあることが多いです。

赤ちゃんは、早期からのまるまる育児で改善することが多いです。

まるまる育児を行っても「魔女のひとりごと」にかいてあるような症状が気になる方は、ご連絡ください。



渡部先生の施術会が千葉みなとサロンふわりで行われました。

その様子はこちらをご覧ください。



安産するために(^^♪

Posted by familysdream on   0  0

2018年8月20日追記

今日は、メンテ力upセミナーアシスタントをしてきました。



そこで無痛分娩のお話しになった時に、渡部先生が、

京都には、骨盤ケアをきちんとやって無痛分娩がとっても安産に行われている病院があります。

その病院では、産婦さんも医師もスタッフもとっても楽と言っています。

分娩も順調で、急遂分娩になることはほとんどなく、出血もすくないそうです。」と、おっしゃいました。



なんて先進的な理想的な病院なのでしょう!!と、驚きました。

スタッフはもちろんですが、産婦さんの身体つくりの意識が高いのですね。



多くの妊婦さんが骨盤ケアを知ってくださると良いですね。



2018年8月12日記載

安産するための要素は、

1.産道である骨盤が整っていること

2.赤ちゃんが一番小さい周囲で骨盤に入ってくること

3.陣痛がしっかりくること

4.おしり周りの筋肉靭帯が柔らかく赤ちゃんの通過に伴って伸び縮みしてくれること


です。



私は今も毎月5-7人くらいの赤ちゃんをとりあげています。

順調に進む方も多いですが、なかなか進まない方もいらっしゃいます。



特に、無痛分娩される方の場合は、悩むことが多いです。



和痛ではなく、

痛みを完全に取る無痛分娩されている施設では、

無痛分娩希望した方の

40%が吸引・鉗子分娩、30%が緊急帝王切開 、とも聞きます。



無痛分娩に関わる医師は、

これらの率が高い理由は、赤ちゃんのお腹の中にいた時の姿勢が悪かったから(回旋異常)であるという統計がある、

と、おっしゃっています。



それから、経腟分娩を経験している経産婦さんの帝王切開率(骨盤位・横位が理由)も上昇傾向に感じます。



お産される方は、

安産するための要素を妊娠早期から整えていただけると良いですね。

全国で行っている骨盤ケア教室にぜひご参加ください。



ご近所に教室がない方は、

妊娠早期から良い姿勢で座り、腰椎前弯を保つこと」をお心がけください。

骨盤位・横位や、胎児の背後位(赤ちゃんの背中がママの背中側になる胎児姿勢でお産が進みにくい)を予防できます。



お産される方、全ての方が安産であることを願っています。



子どもと一緒に過ごせる時間

Posted by familysdream on   0  0

NHKの「チコちゃんに叱られる」第2章を見ていたら、



子どもと一緒に過ごせる時間を算出していました。



幼稚園入園の時点で2割が過ぎ、卒園で3割が過ぎる。

小学校卒業で半分が経過する。

18歳で親元を離れる時点では、すでに7割が過ぎてしまうようです。



我が子と生涯で一緒に過ごす時間

母親は、約7年6ヶ月 

父親は、約3年4ヶ月 

  と、算出されるそうです。



私の子どもは4人のうち3人は18歳以上になっているので、

子どもと過ごせる時間はかなり減りましたね(笑)



子育てが大変な時期は、早く独立してほしいと思いましたが、

今となればあっという間でした。



今、子育てで大変な皆様、

大変な時間は確実に過ぎますので、

今を楽しんでいただけると良いですね





該当の記事は見つかりませんでした。