いっしょに子育て しましょう♪

健康のひけつは、筋肉のやわらかさ

Posted by familysdream on   0  0

数日前の猛暑の日、冷房をかけて、一日中椅子に座ってパソコンしていました。



急いで昼食を食べたあたりから、胃部の膨満感と痛みが出現しました

歩くと、足のむくみや前傾姿勢になり歩きにくい感じがあります。



翌日も胃が痛くて、痛み止めと胃薬を飲んで仕事をしました。

夕方には、肩こりが激しくて、頭痛まであります。

これはもう、つらすぎ状態です



最近近所にできたトレーニングジム付の整骨院に電話して、急きょ施術をしてもらいました。

1年上がらなかった五十肩を、数回で治してくれた整骨院です。



「足を延ばした状態と曲げた状態どっちが痛いですか?」

「伸ばした状態です」



「お腹を押すと痛い所は胃の所だけですか?」

「お腹全体が痛いです」



足の筋肉が硬くなっていますね

筋膜がつながっているので、硬くなった筋肉の筋膜が、お腹の筋膜をひっぱってるのでしょう。



と、いうことで、太ももの筋肉と腰とおしりの筋肉を柔らかくする施術と、肩こりをほぐす施術をしてもらいました。



1回の施術で症状改善。

2回の施術で通常の身体に戻りました。



胃潰瘍とか胃がんとかじゃなくてよかったと、思いました。

突然起こったし、食欲がない・吐き気・体重減少などの症状がなかったですしね・・(笑)



冷房の中でのパソコン事務作業が、

いかに身体の筋肉を硬くして痛みを作り出すか、

と、いうメカニズムを体験しました。



そこで、思ったのは、

妊婦さんがお腹が張る・お腹が硬いということの原因の一つに、

太ももやおしりの筋肉の硬さがあるかもしれないということです。



切迫で入院していると、足を動かす機会が減って、

ますます筋肉が硬くなって悪循環なのかもしれないな・・・と、思います。



お腹の張りを予防するお薬は、身体のほてりを増強するので、

暑くて身体を冷やしたくなりますしね・・。



ベットに横になりながらも、

足を動かす・おしりのストレッチ・太ももや腰をホットパックで温めるなど、

循環を良くすることも切迫の予防につながる気がします。



血栓症の予防にもなります。



筋肉は脱水になると、血流が悪くなり、硬くなるそうなので、

水分も十分にとることも大切です。







ここからは、スポーツ活法の山梨恭介氏のメルマガからです。



筋肉は収縮することで

強いパワーを発揮します。



やわらかい方がバネがあり、

筋肉の収縮がしやすい体の作りになります。



大体の人は

~~~~~~~~~~~~

運動不足で筋力が弱る



姿勢が悪くなる



骨格がゆがむ



ゆがみが原因で痛みが出る

~~~~~~~~~~~~

という流れが多いです。



姿勢を維持する筋肉が低下して

骨格を支えられなくなるんですね。



治療で骨格は矯正しますが

体幹が弱いと矯正後の骨格を

維持することができません。







ここからは、緩消法開発者 坂戸孝志氏の研究エビデンスです。



「ゆがみが原因で痛みがおこるというのは、



筋肉が硬くなり、硬くなった筋肉が骨格を引っ張りゆがみをつくる。



硬くなった筋肉は、血流が悪くなるので、

その血流を良くしようとブラジキニンという物質が分泌される。



この物質が痛みの原因である。



筋肉の緊張を解き、血流を改善すれば、

痛みは即座に解消できる。








身体の筋肉は、常によく動かし、

血流を良くしておくことが、

健康のひけつ安産のひけつのようです。



運動不足で筋力が弱る⇒筋肉が硬くなる・・・

わかっていても、私は、さぼりたくなるし、らくしたくなりますけどね・・・(笑)







スポンサーサイト



トコちゃんの骨盤ケア教室の効果

Posted by familysdream on   0  0





私の行っているトコちゃんの骨盤ケア教室を受講された方が、



ご自身のブログ『専業主婦になる方法』



骨盤ケア教室の効果を書いたことを教えてくださいました



そして、「これね、全妊婦参加した方がいいと思う。



それくらいマジで受けてよかったと思うセミナー。




と、おっしゃってくださいました



効果を詳細に書いていらっしゃるので、ぜひお読みいただければと思います



2016年8月 ご出産されました おめでとうございます

体験談もありますので、皆さん、ご参考になさってください

















該当の記事は見つかりませんでした。